掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年06月13日

国営放送が民放と同じことやってどうする

HOMEテレビ > この記事

若者に迎合するのもどうかと。

「10人に4人は見ていない」--危機感を抱くNHK

将来にわたって受信料を納めるのは若者なので、という理由はわかるんだけれど。

通常、NHKの番組は関連会社を含めたNHK内部で企画、制作されることがほとんどでした。今回、EYESの開始にあたって外部の制作プロダクションに門戸を開放し、幅広く番組内容の提案を受ける体制を整えています。
ということは、バラエティ番組がさらに増えるという認識でよろしいか。

まがりなりにも国営放送なので、一定の歯止めはかかっているようには見えるけど。

若いうちからNHK放送に親しんでもらって、歳をとっても視聴して欲しいという意図があるのだろうけれど、大丈夫。

いま若い人たちも、歳をとれば民放バラエティ番組のバカらしさに嫌気がさしてNHKを視聴するようになる。

なのに、いま国営放送たるNHKが民放と同じような番組を製作・放送していたら、「NHKも面白くねぇ!」と感じてテレビ自体見なくなってしまう。





といいつつ、サラリーマンNEOを見ている自分がいます。。




サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX I
ポニーキャニオン (2007-10-17)
売り上げランキング: 3373
おすすめ度の平均: 4.5
5 サラリーマン体操
4 オモロイ
5 中田さんの演技がさらにいいです
4 予想外。
5 セクスィー!






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ はてなブックマーク - 国営放送が民放と同じことやってどうする
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。